FXはギャンブル?いろんなギャンブルと還元率を比較してみた




こんにちは、サラリーマントレーダー・しゅんすけです。

Shunsuke
FXってギャンブルのイメージだから、怖くてやらねーわ。

FXって、一定数このようなイメージをお持ちの方がいますよね。

実際、「一晩で〇百万溶かした・・・」って話もザラにありますし、そういう失敗談がこのようなイメージを生んでいるんでしょうね。

でもFXは投資の一種ですし、ギャンブルというのは厳密には違いますよね・・・そんなモヤモヤを解消すべく、一般的なギャンブルとFXを比較してみたいと思います!

Shunsuke
え?だれも頼んでないよ?

いいんです、やるんです!

私の勝手な分析にお付き合いください(爆)



還元率を比較してみよう

還元率とは

還元率(かんげんりつ)とは、お客さん全員が使ったお金に対して、お客さんに支払ったお金の割合がどのくらいかを表す数値です。

例えば・・・
ある競馬場の本日の売り上げが1000万円で、お客さんに支払ったお金が800万円だったとすると、800万円/1000万円×100%=80%。その競馬場の還元率は、80%となります。

一般的なギャンブルの還元率

一般的なギャンブルの還元率を見てみましょう。

もちろん、個々の店舗によって差はありますので、今回は一般的な数値を載せております。

ギャンブル還元率
カジノ95%
パチンコ・スロット90%
競馬・競輪・競艇80%
宝くじ45%
宝くじの還元率は低い
ギャンブルのイメージがない宝くじですが、パチンコや競馬に比べて、はるかに当たりにくいギャンブルであることが分かります。

FXの還元率を計算してみよう

では、FXの還元率を計算してみましょう。

計算の条件は、以下のようにします。

  • 買い売り無作為にエントリーする
  • OCO注文±10pipsで自動決済注文する(スキャルピング)*
  • USD/JPY(スプレッド0.2銭)

*このOCO注文ではスプレッド分を考慮しない前提にします(そうしないとややこしいので)

無作為にエントリーするため、勝率は5割と仮定します。

単純計算すると、2回取引で期待値としては1勝1敗となるはずです。

このままだと±0円の還元率100%となりますが、ここにスプレッド分(0.2pips)を考慮します。

すると、10pipsの損失に対して利益は10-0.2=9.8pipsとなります。

9.8pips÷10pips×100%=98%となります。

還元率は98%ということになります。

これはあくまでもスキャルピングの話なので、±100pipsという条件にしたら、還元率は99%以上になります。

まとめ

「FXはギャンブル」といわれることがありますが、他のギャンブルと比較しても還元率は一番高いことが分かります。

ギャンブルといわれるのは、あくまでも人間の欲から巨額の損失につながり、その結果ギャンブルといわれてしまうのでしょう。

還元率が100%に近いFX、なんだか少し努力すれば、利益に変えるそうな気がしませんか?

正しい知識をつけて、相場と向き合い続ければ、おのずと結果が見えてくると、私は考えます。

それにしても、一番のぼったくりギャンブルは「宝くじ」ということが、還元率のデータを見れば一目瞭然ですね(笑)でも、ついつい年末ジャンボは勝っちゃうんですけどね・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)