FXの真の実力はpipsではなく金額




こんにちは、サラリーマントレーダー・しゅんすけです。

FXをやっていると、できるだけ大きなpipsを取りたいなあと思いますよね。

私もそう思います。

獲得pips数が多い方が、利益になりますもんね。

では単純に、「獲得pips=実力」でしょうか?

条件設定にもよると思いますが、私は違うと思っています。

FXの真の実力は、「獲得pips×数量」つまり金額で決まる思います。

今回はpipsと金額の関係について考えてみました。



pipsとは

pips(ピップス)とは、通貨ペアの価格変動を定義するために用いられる数値です。

pipsの他にポイントと呼ばれる場合もあります。

例えば、USD/JPYで100.00円→99.00円に下落した場合は、100pips下落と表します。

それぞれの変動幅によって、10円=1000pips、1円=100pips、0.1円=10pips、0.01円=1pips と表せることが分かります。

FXでは、「100pipsの取った(利益)」「100pipsの損切(損失)」と言ったりします。

つまり、どれくらいの差益(差損)を得たかを表すことができます。

pipsと金額の関係は?

獲得pipsが大きいほど、金額(利益)も比例して大きくなります。

ただし、重要なのは「どのくらいの取引数量に対して、何pips獲得できたのか?」という点です(下の式で表せます)。

pips×取引数量=金額

つまり、pips数も大事ですが、それ以上に取引数量が金額(利益/損失)に直結します。

同じPips取れたら取引数量に関係なく同じ実力?

FXの実力は、pipsのみで判断していいでしょうか?

いろんな意見あるかもしれませんが、私の答えは「No」です。

FXトレードの目的に立ち返ってみましょう。

一部のごく少数の方を除けば、FXトレードは「利益」を求めるために行っていると思います。

であれば、評価すべきはpipsではなく「金額」ですよね。

デモトレードでの1,000pipsが1円にもならないのと同じように、1000通貨で獲得した1,000pipsよりも100万通貨で獲得した10pipsの方が価値があります

しかし、「少額でもPipsを安定して取れていれば、あとは取引数量さえ増やせば大きく稼げるでしょ!?」という声もあると思います。

この意見について、私は半分正しく、半分間違いだと思っています。

その理由は、「取引中に見える金額の実社会における価値が、トレードに影響する」と考えているからです。

ちょっと、具体例を示してみましょう。

デモトレード強者と実トレード強者は互角?

Aさん:デモトレードで安定してPipsを獲得できているが、実際にお金をかけたトレードは経験なし。デモトレードで好成績なので自信あり。

Bさん:実際にお金をかけてトレードを実施中で経験も長い。取引通量は100万通貨。

AさんとBさんで自己資金1000万をつかって、100万通貨で取引を実施してもらったらどうなるでしょう?

(シナリオ例)

Aさん

自分のタイミングでエントリー、順調に含み益+50万円に。

しかし、直後に押し目が発生して+20万まで含み益低下。30万円が短時間で減ったことに冷静さを失う。

その後、+30万まで戻したところで我慢できず、決済。

結果としてプラスで終われたし、30万円という高額な利益に満足。

Bさん

Aさんと同じタイミングでエントリー。

押し目が発生しても自身の決済ポイントではないと判断し、冷静に保有を続ける。

その後順調にトレンドに乗り、+100万円で決済ポイントと判断して決済。

自分のルールに従ったトレードができたため、満足。+100万円はあくまでもルールに従った結果であり、この金額を狙ったものではない。

いかがでしょうか?

デモトレードでは、ガンガンpipsを獲得していたAさんでしたが、実際のお金が絡むと

「せっかくの自分の資金が減ったらどうしよう」

「30万円の大金を早く確保してしまいたい」

といったデモトレードでは、考えなかった感情が湧いています。

一方、Bさんはこれまでの経験上、金額に惑わされて無意味なトレードになってしまうことの危うさを知っています。

冷静に自分のルールを貫けば結果としてTotalプラスになると信じてトレードしています。

まとめ

デモトレードの100pipsと数量をかけた100pipsは重みが全然違います。

FXの実力はpips数ではなく、Pips×数量つまり金額です。

上記は、あくまでも例なので、実際にはデモトレードからすんなり実際のトレードに移行して大金を得る人もいると思います。

でも、大半の人はそうではないと思います。

自分が一生懸命働いて貯めたお金が短時間で数十万減ったりしたら普通動揺しますよね・・・。

では、どうすればよいか?

大切なことは、トレードする前にいろんなシナリオを想定しておくことだと思います。

感情を完璧に消すことはできませんが、感情の起伏に備えることはできると思います。

あらかじめこうなったら損切しよう、いくらまでの損失は覚悟しよう、具体的に想像することが大切だと思います。

FXは損するばかりではありません。

機械的にトレードを繰り返しても回収率50%くらいにはなると思います。

大損に巻き込まれるきっかけは、あくまでも自分の中にあるものです。

マイルールを遵守して、堅実に結果を残していきましょう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)