ポジポジ病とは?FX初心者が陥りやすい病気を克服しよう




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

みなさん、「ポジポジ病」って知ってますか?

Shunsuke

ししし知ってるよ(汗)、「ぽじてぃぶ、ぽじてぃぶ」って叫んじゃう奇病でしょ?(爆)

違います。

ポジポジ病の「ポジ」は、ポジションの「ポジ」です。

今回は、トレーダー(特に初心者)の敵、ポジポジ病について解説します。



ポジポジ病とは

文字通り、ポジションを持ってないと落ち着かず、ついつい軽はずみな判断でポジションを保有してしまう状態を表します。

ポジポジ病にかかりやすい人としては、おおむね以下のような傾向があります。

  • FX初心者
  • 連敗して、損失を取り返したい気持ちが強い人
  • 運よく連勝中で、もっと稼ぎたくて負ける気がしない人
  • 自分のトレード手法・ルールを持っていない人

ポジポジ病はなぜ悪なのか

頻繁にポジションを持つこと自体が悪、というわけではありません。

トレード根拠が乏しく、「たぶんいけるだろう!」みたいなあいまいな判断でポジションを持ってしまうことが悪です。

なんとなくでトレードした結果、例え勝っても、そのトレードをもう一度再現することはできません、なぜなら、トレード根拠がないからです。

負けたら負けたで、無意味な損失を出してしまうだけです。

そして、損失を出してしまうと早くその損失を取り返そうとしてしまうので、ポジポジ病の悪循環が生まれます。

ポジポジ病の原因は?

ポジポジ病になる一番の原因は、自分のトレード手法・ルールを持ってない、または自分のトレード手法・ルールを破ってしまうことです。

自分のトレード手法・ルールを持ってない方は、すぐにでも自らの手法・ルールを確立することをおすすめします。

また、自分のトレード手法・ルールを破ってしまうのは、自分の手法・ルールに自信がないからです。

自信がないから、ついつい自分の手法・ルールを軽視してしまうのです。

ポジポジ病を克服するためには?

やはり、自分の手法・ルールを確立することが一番です。

そして、その手法・ルールを忠実に守ってトレードをする精神状態を作り出すことです。

ただし、これが一番難しいです、特に初心者の方には。

なぜなら、お金を早く稼ぎたいからFXをしてるのに、「待つ時間が多くて画面を見ているだけ」ってなると、焦りも生じるのは仕方ありませんから。

むしろ一度ポジポジ病にかかり、それが悪だと身をもって認識することが、一番の克服法かもしれません。

まとめ

  • ポジポジ病とは、ついつい無駄なトレードをしちゃう状態
  • ポジポジ病は、損失を出す悪循環を生む
  • ポジポジ病の克服には、手法・ルールの確立とその順守しかない
  • ポジポジ病になっても、それを認識すれば次のステージにいける

ポジポジ病は、FXを始めたほとんどの方がかかってしまう病です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)