FXスキャルピングトレードにおすすめな通貨ペアは?【初心者向け】




こんにちは、サラリーマントレーダー・しゅんすけです。

FXのトレードスタイルの中でも、スキャルピングはとても人気のトレードスタイルです。

トレード時間が1時間~2時間でも十分トレードチャンスを作ることができるので、特に兼業トレーダーに人気です。

FX初心者の方も、スキャルピングから始めるケースも多いと思います。

今回は、FX初心者の方向けに、スキャルピングにおすすめな通貨ペアについて、ご説明していきます。



スキャルピング勝利のカギはスプレッドの狭さ

スプレッドの幅は、スキャルピングの勝敗に大きく影響します。

スプレッドが狭いほど良いことは、FXの基本を学んだ人にとっては常識ですが、スキャルピングにおいては、スプレッドが狭いことは、むしろ必須事項です。

ここで問題です。

同じスプレッドの通貨ペアで取引して、1回のスイングトレード(エントリー~決済の取引が1回)で100pips獲得した場合と、10回のスキャルピング (エントリー~決済の取引が10回)で100pips獲得した場合では、どちらの方がpips獲得効率がよいでしょうか?

答えは、スイングトレードの方です。

例えば、スプレッドが1銭だったとすると、スイングトレードの場合は実質スプレッドを加味して101pips獲得しなければなりません。

一方、スキャルピングの場合は、10回の取引にかかるスプレッド分は10銭になるので、実質110pips獲得が必要になります。

つまり、スイングの場合と比較して、9pipsも効率が悪いということになります。

スキャルピングは、たくさんの取引回数をこなして、利益を獲得するスタイルなので、スプレッドは生命線です。

取引する口座も通貨ペアも、スプレッドが狭いものを選びましょう。

スプレッドが狭い通貨ペア

各社FX口座によって、それぞれの通貨ペアのスプレッドは異なりますが、おおむね以下のような順番でスプレッドが狭いのが一般的です。

【主要通貨ペア:USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY】

  1. USD/JPY
  2. EUR/JPY
  3. GBP/JPY

理論上、スキャルピングを有利に進める場合は、USD/JPYの通貨ペアで取引することがおすすめです。

スキャルピングにおすすめ:スプレッドが狭いFX口座

しゅんすけがおすすめするスキャルピング用の口座は、「DMM FX」になります!

なお、今ならキャッシュバックキャンペーン中!

口座開設を完了+口座開設完了日から3か月以内に新規お取引500Lot以上で『20,000円』をキャッシュバック!

DMM FX

スプレッドは 業界最狭水準

USD/JPY:0.2銭(原則固定、例外あり)

国内で一番人気

FX口座開設数国内No.1、70万口座突破!

安心のサポート体制

24時間体制のサポート体制で、電話・メールでの問い合わせはもちろん、業界初のLINEでのお問い合わせも可能になっています。

しゅんすけおすすめポイント

取引通信簿」という損益分析をしてくれる機能があります。

トレード分析は、継続的に勝つために必須な作業です。

独自の視点で分析してくれるこの機能は、初心者の方には特に重宝されると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)