自分オリジナルの鉄板パターンを根拠にトレードを有利にすすめる【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

今週は、非常に良い成績で終えることができました。

先週に比べてエントリー回数も限定的で納得できるところでしかエントリーはしませんでした。

自信があるところでのみエントリーする、簡単なようですが、相場を目の前にすると機会損失を怖れてどうしても判断があまくなりがちです。

特に勝ちが続いている間は、どんなトレードもうまくいくような錯覚に陥って、弱い根拠でもエントリーしがちになりやすいので、週末でしっかりリセットしたいところです。

では、今週も一つ実際のトレードをハイライトして、解説していこうと思います。

先週は勝ちトレードを紹介したので、今週は負けトレードを・・・と言いたいところですが、負けなしだったのでまたまた勝ちトレードをハイライトしようと思います。

今週勢いよく下落したドル円のトレードです。

ではトレード解説いきます!

(私の手法はこちらで解説しています)



中期チャネルライン上部タッチからの逆張り!きれいな逆V字形成からのショートエントリー

中期チャネルラインタッチから急反転!下部チャネルラインを下に抜けられるか?

10月21日に実際にエントリーした時のチャートを使って解説します。

まずは、USD/JPY 60分足です。

上部チャネルラインにタッチして、急速に反転しているのが分かります。

チャネルは右肩上がりの上昇トレンドを形成しています。

なので、チャネルライン上部にタッチしただけでは、ショートでエントリーする根拠にはなりません。

ショートするなら、明確にチャネル下部を下に抜ける必要があります。

しかし、今回実際は、チャネル下部を下に抜ける少し前のタイミングでエントリーしています。

そう、私の大好きな逆V字パターンの発生です。

つまり、エントリーの根拠は、

  • 中期チャネルライン上部にタッチして反転している
  • 逆V字パターン発生

となります。

そして今回は、下部チャネルラインで3度弾かれているので、下に抜けた際に大きく下げるポテンシャルがあると期待していました。

逆V字形成から試し玉エントリー

青○:売り注文(試し玉エントリー)

赤○:買い注文(決済)

上は、10分足のチャートになります。

チャネルライン下部を割る前に大きな逆V字パターンが発生、高確率で下を抜けるだろうと考え、チャネルを抜ける前にエントリー。

結果は、チャートが示す通り、予想以上に力強く下げました。

一歩は早めにエントリーできたことは、リスクリワード的にも有利に働きました。

利確ポイントからさらに下がったのは、しょうがないですね。

およそ+50pips。

自分の鉄板パターンを見つけよう

過去の私のトレード解説記事を見てくれている方には、しつこいと言われそうですが、今回のトレードのポイントは、私の鉄板パターン、V字(逆V字)パターンです。

テクニカルの教科書的な勉強をすると、代表的なチャートパターンは、3尊とかダブルトップ(ボトム)、フラッグ、ペナント・・・などなどだと思います。

(正直、私はそんなに勉強熱心ではないので、あまり知らない・・・)

それら代表的なものに比べると、私のV字なんてはたから見れば、「なにそれ?」「バカ?」みたいなへんてこなものだと思います。

でも、チャートをいやというほど見続けて、「これはもしや?」と自ら発見して、検証して、結論を出したものは、自分オリジナルの指標ですし、誰にもまねできない自分だけの武器になります。

チャートを見れば分かりますが、「V(ブイ)!」って形した箇所なんて、腐るほどあります。

その中で、エントリーの根拠になりうるVを探せるのは、私がそれだけに心血を注ぎ観察し続けたからだと思います。

何が言いたいかというと、教科書的知識だけでなく、自由な発想から得た、自分の発見は、とことん探求してみる価値があるということです。

どんなへんてこな発見でも、ひらめきは財産だと思います。

とにかくチャートを眺めつづける!

自分だけの発見をするためにどうすればいいか?それはチャートをいやになるくらい観察し続けることだと思います。

とにかく、私は、チャートを観察し続けて、気になることがあれば、過去のチャートを見て検証し続けました。

そこで、注目・検証したのが、「V字」でした。

何か一つのことに着目してそれを検証し続ける、そこで得たものは直接的にはお金に結びつかないかもしれませんが、必ず何かの気づきが得られると思います。

私は、チャートの形に着目しましたが、他にも「時間帯」、「インジケーターの動き」、「曜日」、「指標」、「ゴトー日」・・・着目する点は何でもいいと思います。

自分で見つけた「これ、もしや?」ってやつをとことん検証してみてはいかがでしょうか?

以上、今週のハイライトトレードでした!

ご質問やコメントなどあれば、コメント欄からぜひお願いします(‘ω’)ノ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)