1日単位で負ける日もあるさ【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年3月17日)のUSD/JPY相場は一貫して買い優勢で引けましたね。

私は、前日に引き続きGBP/JPYで参戦しましたが、1勝1敗でトータル負けました・・・。

前日と同じような戦略で臨んだものの、うまくいきませんでした。

負けるとテンション下がっちゃいますが、大事なことはマイ手法・マイルール通りできたかどうかです。

その点でみると、特に問題なかったと思っていますので、負けてもナイストレードと言いたいです。

Shunsuke

内心腹が立ってたくせに~(ニヤニヤ)

・・・(図星)、ということで、今回もトレード解説いきます!



2020年3月17日の為替相場は緩やかな上昇トレンド

チャートは、USD/JPY 5分足です。

急激な上昇ではないものの、安定して安値を切り上げている上昇トレンドでした。

ニューヨーク外為市場では、106.7付近から107.8付近まで上昇して引けました。

アメリカ政府の経済支援策やFRBの短期資金調達プログラム再開などに好感を示して、ドル買い・円売りが優勢となった感じでしょうか。

ダマしからのドテンエントリー

GBP/JPY 5分足チャート

エントリーは2回です。

①青〇が新規売エントリー

①赤〇が決済

②赤〇で新規買エントリー

②青〇で決済

①急激な反転パターンを根拠にエントリー

前日の安値(128.9)をブレイクして、短期的に大きく下げたところ(.50くらい)で決済することを期待していました。

前日の戦略と全く同じです。

しかし、見ての通り、おもっきしダマしにひっかかってます・・・そして速攻で損切りorz

反省点は、最初にダブルゼロ(.00)ラインをブレイクした陰線(129.10くらい)でエントリーすべきでした。

ダマしを警戒しすぎて、5分足確定まで待とうとしていたら、チャンスを逃してしまいました。

②鋭角なV字パターンを根拠にエントリー

前日同様、安値更新と見せかけて急反転するパターンが続いているので、今回もその流れと予想してエントリー。

かなり鋭いV字なので上昇するだろうという読みは自信がありましたが、問題はどこまで利益を伸ばすかが難しかったです。

結局、決断できず不必要に待ちすぎたせいで、逃げるポイントを失ってしまいました

結果、タイムオーバーでショボ勝ち。

反省点は、129.500ライン直前で上昇を嫌がる動きを見せていたにもかかわらず、129.6付近まで一時的に上昇したタイミングで逃げ切れなかったこと

この辺は判断が難しいですが、一時上昇の時に陽線で5分足確定かつ実態が129.5ラインより上で残れば継続、下回れば逃げる、が良かったかなと思います。

1日単位の負けは気にせず忘れよう

損することは精神的にへこみますよね。

だって、FXトレードは、お金を増やすためにやっているのですから。

でも、FXトレードでの目標は最終的に資金を増やすことですよね?トレード勝率100%を目指しことではないですよね??

この点は、負けたときに頭で冷静に繰り返しましょう。

一時的に負けても、月単位あるいは年単位でプラスであれば、勝ちです。

一時の負けに精神を揺さぶられて、根拠もないトレードをしてしまうと・・・下手すると退場しちゃいます。

私は、負けた日はマイナス額を見ず、すぐ布団に直行してスマホゲームして寝てます。

寝て起きたら、意外と冷静になってるはず?です。

トレード結果

①GBP/JPY 売 2万通貨

【エントリー】128.795 → 【決済】129.104

-6,180円(-30.9pips)

②GBP/JPY 買 1万通貨

【エントリー】129.129 → 【決済】129.241

+1,120円(+11.2pips)

合計 -5,060円(-19.7pips)

いずれのトレードも、エントリー根拠は合格でした。

ただし、エントリーのタイミングと決済の決断に関して改善の余地ありでした。

そんなダメダメな私ですが、今のところ今年始めたスキャルピングで、週単位でマイナスになったことはまだありません。

やはり、資金管理とルールの順守のみでも十分にトレードに優位性をもたらしてくれると言えそうです。

Shunsuke

調子に乗っていると今週さっそくマイナス収支になっちゃうかもよ

ですよねー、内心ビクビクしてます((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

今週の収支報告、「偉そうに言ってすみませんでした」って謝るしゅんすけに乞うご期待ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)