エントリー判断を甘くするべからず -99pips【トレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年3月24日)のトレードは、見事に負けました(ノД`)・゜・。

敗因は明確で、自分のエントリー判断ミスです。

ここ最近の相場がボラティリティが大きくトレードチャンスが多かったこともあって、見かけ上トレード条件に当てはまればとにかくエントリーするという癖がついていたようです。

ここで一度リセットして、厳しい判断でトレードするようにしていきたいです。

では、どんな無様なトレードで失敗したのか解説していきます!

Shunsuke

半面教師にしてくれよな!!



2020年3月24日の為替相場は上昇トレンドで引け

チャートは、USD/JPYの5分足です。

3月24日のニューヨーク為替市場では、ドル・円は110円60銭から111円63銭まで上昇して引けました。

FRBによる無制限の量的緩和や、アメリカ上院が大規模経済支援策で合意に近づいたとの報道を好感して、ドル買い・リスク選好の円売りが優勢となった形でしょうか。

木を見て森を見ず。有効な逆V字を判断できず連続損切り

GBP/JPY 5分足チャート

①青〇が売エントリー

①赤〇が決済および②新規買エントリー

②青〇が決済

①逆V字パターンでエントリー

このエントリーの失敗は2つ。

1つ目は、V字の角度が鋭角じゃなかったこと。

これまでなら見送るはずなのに、「エントリーしないともったいない」心理がはたらいてしまったようです・・・

これもポジポジ病の症状でしょうね・・・大反省(◞‸◟)

2つ目は、直近の高値(130.451)で反転したと判断する根拠が甘すぎた。

こちらももっと鋭角に逆V字を形成していたり、ダブルゼロではじかれてたりしないと、反転したと判断するのは危険でした。

それでもトレードに絶対はないので、運で勝つ場合もありますが、あえなく撃沈してます。

②V字パターンとしてエントリー

もうこちらのトレードは見ての通りです・・・①の負けを取り返そうと安易に理由を付けてエントリーしちゃってます。

動きが大きく勢いがあるので、方向性としては十分可能性あったのでOKなのですが、結果的に急激に上昇する動きは期待できなかったですね。

結果、タイムオーバーでちょい負けで決済になりました。

その後想定通りの方向に動いているので、方向性は間違ってなかったのは唯一の救いですかね( ゚Д゚)

エントリー判断は厳しく

スキャルピングは、短時間勝負となることが多いのでエントリーでいかに方向性を当てるかが重要になります。

そのため、エントリーに妥協することは非常に命取りです。

エントリーを雑にやってしまうと・・・今回の私のようになります(;´Д`)

トレード結果

①GBP/JPY 1万通貨(売)

【エントリー】129.670 → 【決済】130.520

-8,500円(-85.0pips)

②GBP/JPY 1万通貨(買)

【エントリー】130.497 → 【決済】130.355

-1,420円(-14.2pips)

次からは本当に冷静にトレードしたいと思います・・・本当に・・・(切実)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)