運が悪くても気にしない -8pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年3月26日)のトレードは負けました。

ただ、損切り幅が狭かったので、大きくは負けていません。

総合的に考えて納得のトレード内容だったと思ってます。

でも、損切りした後にまた急反転して想定利確ラインまで到達するというね・・・最近こんなパターンばっかです( ゚Д゚)

Shunsuke

呪われてんなーwww

本気でショック受けてますが、まあいつかいいこともあるでしょう(遠い目)

では解説いきます!



2020年3月26日の為替はレンジ中

チャートは、USD/JPYの5分足です。

3月26日のニューヨーク為替市場では、ドル・円は110円08銭から109円21銭まで下落して引けました。

FRBによる流動性供給でドル資金調達需要が後退したこと、週次失業保険申請件数の急増によるアメリカ経済の見通し悪化等の材料でドル売りに拍車がかかったと言えそうです。

00ラインブレイクとV字確認からのロングエントリー

GBP/JPY 5分足チャート

赤〇が買エントリー

青〇が決済

急反転(V字)パターンでエントリー。

直近の抵抗値が132.5にあるので、132.5を一気に抜けない限りは、ここで決済しようと期待していました。

エントリー後は、順調でしたが・・・あと10pipsのところで急反転して、132.00ラインで損切りとなりました。

そして、見てください!

その後、急激に再上昇かまして、想定決済ラインまで戻しています(ノД`)・゜・。

0:00で強制決済を考えていたので、早めに損切りしましたが、保有していれば、時間内に想定ラインで勝てたという・・・私に対する嫌がらせのような結果となりました。

まあ、結局はたらればの世界なので、気にしない、気にしない・・・(内心めっちゃ引きずってるけど)

運が悪くても気にしない

2日連続で運が悪いトレードが続きました。

それでも気にしてはいけません。

「単純に運が悪かっただけ、次は逆に今度は運がいいトレードが待っている」とどっしり構えておいた方がいいです。

運がいいトレードなんて、ラッキーって思うだけでそんなに引きずることなんてないでしょ?

だから、運が悪いトレードと運が良いトレードが実は同じ起きていても、運が悪いトレードの印象が強すぎてそっちばかり覚えているものです。

運が悪いトレードに影響されて、ムキになってトレードしてしまうことが一番危険です。

トレード結果

GBP/JPY 1万通貨(買)

【エントリー】132.078 → 【決済】131.999

-790円(-7.9pips)

とりあえず、大負けしなかったのでOKかと。

週単位ではマイナスになる可能性が高いですが、月単位で負けないように最後まで慎重にトレードしていきたい・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)