高値ブレイクからのロングエントリー失敗 -42pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年4月9日)のトレードは、完敗でした(;´Д`)

エントリーのタイミングやその後の判断については、納得してます。

ただ、期待する方向に対して逆行した後の動きは、だらだら下げるだけで逃げ場もなく、正直意味不明でした。

いやー、運がなかったなあ・・・

まあ、気持ち切り替えていきます。

では、トレード解説いきます!



2020年4月9日の為替相場は下降トレンドへ

チャートは、USD/JPYの5分足です。

4月9日のニューヨーク為替市場でドル円は108円92銭から108円21銭まで下落して引けました。

アメリカ新規失業保険申請件数および消費者信頼感指数速報値の低調を材料にドル売り優勢となりました。

高値ブレイクからのロングエントリー

GBP/JPY 5分足チャート

赤〇が買いエントリー

青〇が決済

高値更新+急反転パターン(黒〇箇所)でエントリー

その後、勢いよく飛び出したものの勢い足りず、反転後損切りラインまでノンストップで到達しました。

この反転後のだらだら下げは、正直意味不明です(・´з`・)

負けトレードでもナイス損切り

今回のトレードは、特にコメントないんですよねー・・・

あえて言うなら、しっかり損切ポイントで損切したことです。

ここで損切ができずに、無駄に損失を増やしてしまうことが一番の悪なので、当たり前の損切りを当たり前のようにできたことは「ナイス損切り」と言いたいです。

でも・・・ほんとにそれだけですね(泣)

トレード結果

GBP/JPY 2万通貨(買)

【エントリー】135.619 → 【決済】135.196

-8,460円(-42.3pips)

今月は一進一退の展開になりそう・・・まだまだ我慢のとき!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)