安値もみ合いブレイクからのショートエントリー +14pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年4月13日)のトレードは、ちょい勝ちでした。

イースター休暇の影響もあってボラティリティが小さかったので、利幅も小さめに狙いました。

内容は、特に問題ないトレードかなと思ってます。

では、トレード解説いきます!



2020年4月13日の為替は下降トレンド中

チャートは、USD/JPYの5分足です。

4月13日のニューヨーク為替市場でドル円は108円00銭から107円50銭まで下落して引けました。

レンジブレイクからのショートエントリー

EUR/JPY 5分足チャート

青〇が売りエントリー

赤〇が決済

安値でもみ合い(小さなレンジ)になった形のパターンだったので、安値更新へチャレンジする雰囲気を見せたポイントでエントリー

このもみ合いパターンでのエントリーは、ブログ始めてから初めてのパターンな気がします・・・たぶん。

高値・安値を付けて、そのままその値付近でモミモミした場合、もう一度高値・安値を再更新する動きになりやすいです。

ただし、利幅としては大きく狙えるパターンではないので、手堅く利確する想定を持っておいた方がいいと思います。

今回は、まさに想定通りの動きをしてくれてよかったです。

でも、その後も順調に下げてますね(笑)

ボラティリティが小さい相場ではノートレも吉

先週金曜日は、全然動きがなかったのでノートレでしたが、今日は動きは小さいものの、トレンドは明確に発生していたので、エントリーチャンスを探ることにしました。

海外の祝日等で、ボラテリティが小さくなることが想定される場合は、思い切ってノートレにしてしまうのもアリだと思います。

いつもより相場が激しく動くこと可能性は低いですし、いつもの感覚でトレードしてしまうと、いつもとのギャップに感覚が狂わされて、うまく立ち回れないリスクもあります。

デイトレやスキャは、非常に繊細なトレード感覚が必要になりますので、少しでも違う環境要因がある場合は、休むことも選択肢に入れるといいと思います。

まあ、なんだかんだ言っても、自分はトレードしちゃってますけどね(汗)

トレード結果

EUR/JPY 3万通貨(売)

【エントリー】117.868 → 【決済】117.720

+4,140円(+13.8pips)

少額でも週初めに勝ちを拾えたことは、精神的にアドバンテージになります。

今週は、順当な結果を残せるように慎重トレードを心がけます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)