トレンドライン反発からの短期勝負ロングエントリー +8pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年4月17日)のトレードは、ちょい勝ちでした。

内容はまずまずでしたが、時間が圧倒的に足りなかったかなといったところです。

では、トレード解説いきます!

(私のスキャルピング手法はこちらで解説しています)



2020年4月17日の為替は下降トレンド

チャートは、USD/JPYの5分足です。

4月17日のニューヨーク為替市場でドル円は107円75銭から107円30銭まで下落して引けました。

景気先行指数が過去最大の落ち込みとなったため、ドル売りが優勢となりました。

FRBが米国債の購入ペースの減速を発表すると米債利回りが上昇に転じ、ドル買いが再燃し下げ止まりました。

トレンドライン反発からのロングエントリー

USD/JPY 5分足チャート

赤〇買いエントリー

青〇が決済(分割)

トレンドラインでの反発後、V字パターン発生でエントリー

想定利確ポイントは、116.80でしたが、勢いがいまいちだったので途中で離脱しました。

やはり、トレンドラインで反発したチャートの形が鋭角でないので、その後の勢いにも影響しているのかなといった印象でした。

トレンドフォロー

もともとい自分はトレンドラインを引きまくるタイプではないのですが、最近はトレンドラインも意識するようになりました。

トレンドラインを信頼しすぎるのは危険ですが、確認された明確な根拠がある場合は、一つの優位性につながるので、判断材料の一つとして活用しています。

今回は見ての通り、トレンドラインにタッチした週間にエントリーするわけではなく、ある程度反発されたことを確認した後、さらに損切ポイントを見出せるようになったらエントリーしています。

FXは、「尻尾と頭はくれてやれ」といいますが、まさにその通りだと思います。

トレード結果

USD/JPY 4万通貨(買)

【エントリー】107.534 → 【決済】117.625 → 107.597

+3,080円(+7.7pips)

今週は、無事5連勝です。

調子いいけど、心境としては浮かれるでもなくどちらかというと恐怖の方が強いかな・・・

FXは調子に乗ると一気に転落するのを知っているからですかね。

無駄に相場とだらだら付き合っていてよかったです(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)