トレンドライン反発ショート失敗 -11pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年4月21日)のトレードは、またまた負けでした。

誤発注があったので、そこは反省すべき点として、トレード内容自体は特にミスがなかったと思っています。

でも、結果は瞬殺でした(;´Д`)

結構ショックです(泣)

トレード解説いきます!

(私のスキャルピング手法はこちらで解説しています)



2020年4月21日の為替相場は上昇して引け

チャートは、USD/JPYの5分足です。

4月21日のニューヨーク為替市場でドル円は107円36銭から107円89銭まで上昇して引けました。

トレンドライン反発狙いのショートエントリー

USD/JPY 5分足チャート

青〇が売りエントリー

赤〇決済(損切り)

トレンドラインでの反発後、急反転パターンが発生して実線が下に抜けたのでエントリーしました

エントリー後まもなく逆に動いてそのまま損切りラインまでまっしぐらでした(;´Д`)

ここまで納得したエントリーで瞬殺されるのもなかなかないです(笑)

今回は運がなかったということで。

連敗との向き合い方

ルール通りトレードしても負けてしまうことは当然あります。

そんなときは不安にかられるし、自分のトレードが間違っているのではないかと自信がなくなりがちです。

今回、私も同じような心境ですが、そんなときはこれまでのトレード履歴を見て、自分のトレード収支を再確認したりします。

いつもは月ごとの集計ですが、こういう場合は今年初めからの集計を見たらいいと思います。

収支がプラスならば、たまたま連敗しただけといえると思います。

流石にここまでの3か月以上の結果がたまたま運がよくて、毎月プラス収支になっていた、なんて強運の方が信じがたいでしょう。

トレード収支は、自分のトレードの優位性を事実として反映してくれていると思います。

こうやって客観的に自分を落ち着かせられれば、次のトレードにも冷静に臨めると思います。

まあ、3連敗したら・・・正常でいられるか不安ですが(・´з`・)

トレード結果

合計収支

-12,430円(-11.3pips)

昨日に続き連敗です。

しかも、発注ミスでUSD/JPYのつもりが、EUR/JPYのポジションを持ってしまうというね・・・携帯で操作していたのですが、プルダウンがちゃんと選択されてなかったよう。

あわてて決済して正しいポジションも持つも瞬殺(゚Д゚;)

もうね、最悪です。

先週の貯金がなかったら、ショック倍増してます。

まあ、あーだこーだいっても、トレーダーにできることは確率のいたずらだと信じて淡々とトレードするのみですから、明日もロボットのごとく冷徹にチャートと向き合いたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)