トレンドラインタッチからの逆張り戻り売り +20pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年5月1日)のトレードは、勝てました。

非常にうまくいったトレード内容でした。

スキャルピングは勝ち逃げしつつ、損小利大に組み立てるのが非常に難しいと感じているこの頃・・・

トレード解説いきます!

(私のスキャルピング手法はこちらで解説しています)



2020年5月1日の為替はゆるやかな下降トレンド

チャートは、USD/JPYの5分足です。

5月1日のニューヨーク為替市場でドル円は、106円61銭まで下落後、107円08銭まで上昇して引けました 。

アメリカ4月ISM製造業景況指数が11年ぶりの低水準に落ち込んだものの予想を上回ったほか、3月建設支出が予想外のプラスに改善したため景気悪化深刻化への懸念が後退しドル買いに繋がりました。

トレンドラインタッチからの反発狙い

USD/JPY 5分足チャート

青〇が売りエントリー

赤〇決済

急上昇からの急反転によって鋭角な逆V字を形成したので、一旦動きを確認した後、引き付けてからの戻り売りエントリー。

順当に下げていって、支持線付近まで来たところで少し躊躇した動きが出たので、欲張らず決済。

トレード結果

合計収支

+14,140円(+20.2pips)

今月は勝ちスタートで始まれました。

ラッキーです。

いまいち詰めの甘い月間収支が続いているので、5月こそは順当な結果を残したいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)