トレンドラインブレイクと見せかけての下落を利用して逆張り戻り売り +14pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年5月4日)のトレードは、勝ちでした。

5/1のトレードのデジャヴュと言っていいくらい同じようなトレード内容でした。

トレード解説いきます!

(私のスキャルピング手法はこちらで解説しています)



2020年5月4日の為替相場は行ったり来たり・・・

チャートは、USD/JPYの5分足です。

5月4日のニューヨーク為替市場でドル円は、107円07銭まで上昇後、106円73銭まで反落して引けました 。

トレンドラインタッチからの逆張りショート

USD/JPY 5分足チャート

青〇が売りエントリー

赤〇決済

急上昇からの急反転によって鋭角な逆V字を形成したので、一旦動きを確認した後、引き付けてからの戻り売りエントリー。

抵抗線にタッチしてからの反落となっていることも、売りエントリーを後押しする材料でした。

順当に下げていったところで、欲張らず決済。

赤枠で囲んだ部分が5/1のトレードですが、非常にそっくりです。

トレード結果

合計収支

+9,590円(+13.7pips)

先月に引き続き、月初めは勝ちやすいのか連勝です。

先月は「このまま勝ち続けられるかも?」と油断したとたんにドローダウンに見舞われたので、今月はルールに忠実にトレードすることに注力したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)