トレンドラインブレイク失敗のショート狙ったものの建値撤退 +1pips【FXトレード解説】




こんにちは、サラリーマンFXトレーダー・しゅんすけです。

昨日(2020年5月8日)のトレードは、引き分けです。

エントリーしたものの、自分のエントリーポイントに疑いを感じたので、すぐに撤退しました。

結果的には、保有し続けていたら十分プラスになったわけですが(;´Д`)

トレード解説いきます!

(私のスキャルピング手法はこちらで解説しています)



2020年5月8日の為替は行って来い相場

チャートは、USD/JPYの5分足です。

5月8日のニューヨーク為替市場でドル円は、106円28銭まで下落後、106円72銭まで上昇して引けました 。

アメリカの4月雇用統計で失業率が戦後最高、雇用者数も過去最大の減少を記録した最悪の結果となりいったんドル売りが強まるが、今後の経済活動の再開にともない改善するとの期待が広がり、最悪期は脱したとの見方からドル買いが優勢となりました

トレンドラインブレイクと見せかけて反転ショート狙い

USD/JPY 5分足チャート

青〇:売りエントリー

赤〇:決済(建値撤退)

短期的に明確に反転(逆V字形成)したことを確認した後、上に引き付けてエントリー。

大きな反転ですが、逆V字の角度が鋭角でないかなと違和感を持ったため、エントリーしたもののすぐに撤退しました。

短期的にみれば、十分利確できる下げ幅でしたが、その後大きく戻しているので、私の感じた違和感も当たっていたかなと思います。

最初からノートレ判断ができれば満点でしたが、違和感を感じてすぐに決済できた点は、十分合格点かなと思います。

トレード結果

合計収支

+1,300円(+1.3pips)

今週は、かろうじてプラスで終われました。

来週は、さらに厳選してエントリーポイントを探れたらいいなあと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)